プロフィール

Author:川島隆一
1952年5月20日生
群馬県出身
教団小岩教会牧師


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


 神の子イエス・キリストの福音の初め。
 預言者イザヤの書にこう書いてある。「見よ、わたしはあなたより先に使者を遣わし、あなたの道を準備させよう。荒れ野で叫ぶ者の声がする。『主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ。』」(マルコ1:1−3)。

 ここにはメシアの先駆者エリヤの再来とされる「洗礼者ヨハネが荒れ野に現れて、罪の赦しを得させるために悔い改めの洗礼を宣べ伝えた」(1:4)時のことが記されている。主イエスが公に活動を開始される直前に、間近に迫った神の審判から救われよ、と人々に悔い改めを迫り、悔い改めた人々に洗礼を施すことを使命としたバプテスマのヨハネが荒れ野に現れたのである。
 ヨハネが行なった回心への呼びかけと救いのための洗礼とは、一大悔悛覚醒運動を引き起こした。「ユダヤの全地方とエルサレムの住民は皆、ヨハネのもとに来て、罪を告白し、ヨルダン川で彼から洗礼を受けた」(1:5)のである。
 ヨハネの誕生物語(ルカ1:5以下)の時に触れたが、「イエスの宣教を叙述する際最も重要なことは、どこに出発点を置くか」である。つまり、どのようにして主イエスは人々の前に立ち、福音を伝えることになったのか。この第一のもの、最も深い神秘であるところのもの、ゆえに「言うべからざるもの」を歴史的に捉えることができるのかが問題なのである(エレミアス)。
 メシアの先駆者ヨハネは、主イエスの宣教の出発点を歴史的に捉えうる最も深い神秘とかかわる、「言うべからざるもの」なのである。マルコはそれをこう記す。「神の子イエス・キリストの福音の初め」。何か途轍もないことがここから始まった、とマルコは記したのである。

 それにしても、何がヨハネを洗礼活動に駆り立てたのか。4節に、「罪の赦しを得させるために悔い改めの洗礼を宣べ伝えた」とある。この「罪の赦しのため」という表現はキリスト教会の常用語であることから、ヨハネの洗礼の直接的な目的とすることは許されないと言われる。当時の歴史家ヨセフスも、ヨハネの洗礼は罪の赦しとは何ら関係がないと明言している。
 「罪の赦しのため」でないとしたら、では、ヨハネの洗礼の目的はなにか。それを問うにはマタイ福音書3章7節(並行ルカ3:7)から出発するのが正しい、といった人がいる。そこにはこうある。「ヨハネは、ファリサイ派やサドカイ派の人々が大勢、洗礼を受けに来たのを見て、こう言った。『蝮の子らよ、差し迫った神の怒りを免れると、だれが教えたのか。』」(ルカでは「ファリサイ派やサドカイ派の人々」が「群衆」となっている)。
 この箇所は行間に、いわば無意識のうちにヨハネの洗礼についての情報を提供している。それによれば、ヨハネは悔い改める者たちを最後の審判から、すなわち滅びから守るために、洗礼を通して〈一つの終末論的な民〉を集めていたのである。その典拠となっているのがエゼキエル書36章、神が御自分の聖なる名のために、イスラエルの汚れを洗い清めるという預言である。ヨハネは終末の決定的な時に神の民を清めることを自分の使命、課題としたのである。

 マルコがこの部分を書き下ろしたとき、多くの素材がその手許にあったことはいうまでもない(参 ルカ1:1以下)。2節のマラキ3:1からの引用は、マルコ以前から、初代教会にあって洗礼者と結び付いていた。初代教会をこの考えに導いたのは、マラキ書にエリヤの再来について次のように記されているからである。「見よ、わたしは大いなる恐るべき主の日が来る前に、預言者エリヤをあなたたちに遣わす。」(3:23)。3節のもう一つの引用聖句、イザヤ40:3は、死海のほとりに俗世を離れて居を構えた一群のユダヤ教徒たち(クムラン宗団と呼ばれる)にとっても、終わりの時の開始を示すものとして受けとめられていた。また、ヨハネの風貌を描いた6節は、エリヤの風貌を描いた列王記下1:8からほとんど文字通り取られている。
 こうして初代教会にあって成立した多くの素材がマルコの手許にあった。そしてマルコは、それらすべての素材に先立って、メシアの先駆者エリヤに関する旧約聖書の二つの証言を配置したのである。ある研究者は、「これが冒頭に置かれたことによって、この福音書全体の標題の役割をも果たすことになり、あとに続くすべての出来事を、イスラエルと共に歩みたもう神のあらゆる経綸(救いの計画)の成就として、叙述することになる」と言っている。洗礼者ヨハネの「宣教」の開始と、その驚くべき成果の中で、誰の目にも触れることなく、ナザレのイエスの召命が起こるのである。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |